お知らせ

いつ発症してもおかしくない状態から、かなり余裕のある状態まで戻れた

[どのような症状や悩みでお困りでしたか?]

ぎっくり腰になる前兆として、腰痛 股関節痛

[どのようなきっかけで当院をお知りになられましたか?]

麻酔科〇〇Drから

[実際に治療を受けてみられていかがでしたか?]

いつ発症してもおかしくない状態から、かなり余裕のある状態まで戻れた。針治療は、単独で有効なのではなく、その後の生活によって効果が増すのではないかと思った。

[お気付きの点があれば教えてください]

ステロイドロングユーザーとしては、局所感染(体調、部位)に対する注意は重要と感じた。有毛部に近い、又は靴に入ってしまう場所は、要注意かもしれない。結合組織も緩くなるので、思いのほか内出血になる。

関連記事一覧

PAGE TOP