お知らせ

クビの治療(北名古屋市A様)

A様はパーキンソン症状で肩の強張りがひどく、その影響でクビの筋肉が棒のように硬くなっていました。

治療自体は全身に及びますが、優先順位として①肩の強張り②クビ周囲の緊張からくる嚥下困難としました。写真は胸鎖乳突筋への刺鍼で、その上に通電により筋肉を強制的に収縮させて血流を促します。最初は緊張が強く(筋肉が硬い)鍼もなかなか入ってくれなかったのですが、回を重ねるうちに柔らかくなってきました。

また、クビの緊張から口があまり開いていない状況でしたので、今回の写真にはありませんが、側頭筋・咬筋・外側翼突筋への刺鍼も行い開くようになりました。

A様、まだまだ治療は続きますが、一緒に頑張っていきましょう!

関連記事一覧

PAGE TOP