お知らせ

刺鍼治療によるペイン・クリニック

先日、大阪でお勉強をして来ました。

《鍼灸師と医師のための「刺鍼治療によるペイン・クリニック」》

今回の講師である西田皓一先生は、高知県南国市で西田順天堂内科を開業されていて、「東西チャンポン医学」と称し現代医学と東洋医学(漢方薬と鍼灸治療)を併用して治療をおこなっている医師です。

現代医学は、診断学、救急医療を含めた外科学や疫学が優れている。特に体内の異物を取り去る技術が優れている。東洋医学は、長い臨床経験を持った優れた医学である。現代医学とは病理観や診断方法、治療方法が異なっている。この違いがあるからこそ、一方で治せない病気を治すことができるのである。(西田順天堂内科HPより抜粋)

このように、保存療法や投薬による症状の一次的な緩和だけでなく、鍼灸治療を取り入れることによる積極的な治療をされています。特に、鍼灸治療の高い鎮痛効果によりペイン・コントロール(疼痛管理)をされています。

ただ、「こうすれば治る」のではなく、「まずは目の前の痛みを除去する」ことで、体全体がうまく機能できるように自ら改善していくことができるのだと考えます。

非常にシンプルで、再現性が高く、実践的なので、私の引き出しを増やすためにも、積極的に取り入れていきたいと考えています。

関連記事一覧

PAGE TOP